2016/10/26

ポルトガル リスボン【カステラの原型、パオン・デ・ロー!】

2016/04/25(月)ポルトガル旅行7日目。
電車でリスボンの街中、バイシャ・シアード駅(Baixa-Chiado)まで戻ってポルトに居たときから探していたアレを探します!
そして見つけたコレ!
日本のカステラの原型になったといわれている、パオン・デ・ロー(Paon de lo)!
リスボンのパンやさんのウインドーに大体並んでいるので、すぐ見つかると思います。


今回はお持ち帰りにして、帰ってホテルで食べるので味は後ほど!
パンやさんには本当に色んな種類の惣菜パンが並んでます!
クロワッサンとか普通?のパンも店内に並んでいて、あれこれ悩んでしまうほど!
どこのお店も種類が豊富なので、普段パン党ではない私もウキウキ(*´∀`*)!

ポルトガルのパンやさんは店員さんに取ってもらうシステムなので、口頭でアレとコレと…と注文します。なのでパンの名前がわからない時は携帯で写メを撮って「これ!」と見せるとよいです。
また、ほとんどのパンやさんがカフェを併設していて、中で簡単に食べれるようになっています。
(持ち帰りのみのお店って見なかったなぁ)
なので、持ち帰りのときは先に言っておくと良いですよ!
でないと、席に通されちゃったりすることも…w


前回のブログで「わーい!めちゃくちゃ大きい大型帆船だぁ!4本マストと5本マストが並んでるよぉ!出港みたいよー!」なんて騒いでしまったので、結構な時間がたってしまったので、これからお夕飯に向かいます!

下の写真は帆船の前から振り返ってサンタ・アポローニャ駅(左手の白い建物)とちょっと外れてるけどアルファマ地区(右に行くとファド博物館のあるアルファマ地区)。
こうやってみると、本当に小高い山!


ご飯の前に、リスボンのインフォメーションでリシュボアカードを購入。
これ、時間があれば日本からでも購入可能です(郵送で送られるので時間に余裕があったほうがいいです)。インターネットの購入だと、時期によっては安くなってることが!

表面には利用開始の日付(26/04/20016みたいに)、そして時間を記入(08:00とか)。裏面にはサインを書いて使います。(サインはパスポートと同じに。確認されることがあるそうで、身分証と同じじゃないとめんどくさいことになります。)
24h、48h、72h券があるんだけど、記入した日付と時間からカウントされるのでご注意を。
インフォメーションでもペンは貸してくれないので(言えば貸してくれると思う)持って行くのがいいと思う。

メトロとかでピッ!ってやったときにカードには履歴が残るので、時間をごまかしちゃダメですよw


今回72h券を購入しました。
メトロ、路面電車、博物館や美術館などなど、無料になったり割引になったりとお得なカードなんです。
3日間がっつりとリスボンを回る予定なので72h件を購入しましたが、24h券とかだと割高になる場合も多いので、購入を考えてる人はお気をつけください。

リスボンカードがどこで使えるのかまとめたページがあるので、ご参考までに。
「リスボンカードってどこで使えるの?」無料・割引の施設一部まとめ。

さて、今日のお夕飯ですよー!



ランキング参加中!応援の一押しよろしくお願いします(*´∀`*)ノ
 にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へにほんブログ村     ポルトガル(海外生活・情報) ブログランキングへ