2016/09/10

夜の世界遺産のオビドスの町の中

2016/07/17(日)オビドスの中世市場(Medieval Market)のあと。
中世の衣装を返しにいくついでに0時過ぎのオビドスの町を少し歩きます。
濃い霧が町を覆っていて、すごく不思議な雰囲気。


ライトアップされたオビドスのお城の横の塔。
壁面にはオビドスの中世市場(Medieval Market)の旗が掲げられています。


町の中に灯る明かりは、ぼんやりと赤い色。
これがすごい雰囲気を出してくれています。


町の中のちょっとしたスペースで紐?についた火を操るお兄さんがパフォーマンスしていました!
ぶんぶん振り回して燃え移らないのかなぁ…



別の日のオビドスの中世市場(Medieval Market)ではこの火を操るショーがメインの時もあるんです!
もしかしたら、それに出る人が練習していたのも!?


メインの通りを歩く、中世の格好をした人たち。
当時もこんな感じの光景だったのかもしれないね。


明かりが本当に綺麗だったんだけど、なかなかうまく撮れず…(´・ω・`)


昼間に真っ白に映った外壁も、明かりに照らされるとまた違った感じになっています。
こうゆう外壁とレンガとかって、やさしい、ぼわぁってした明かりがにあうよね?


石畳のメインストリート。
昼間はあんなに人がいたのに!びっくりするくらい人がいませんww
お祭りの後、町の人は打ち上げとかでどこかで飲んでるのかな??


オビドスの町の正面門から入ったとこの看板。
盾と剣!


このあとホテルに戻ったら(ゆっくり過ぎたのか)ホテルの正面の門に鍵がかかっていて、「用のある人はここにTELしてね」と張り紙が!!!
携帯から海外の携帯のかけ方わかんないし!えぇぇぇぇぇ!!な状況にw
同じホテルの人が戻ってきたので事情を説明。
一緒に「うらぁぁぁぁ!あけろぉぉぉぉ!」と門をばんばん叩いてあけてもらいました(笑)


オビドスの皆さん、お酒が入ってたとはいえ深夜1時ごろに大の大人が6人で騒いですみませんでしたw


ランキング参加中!応援の一押しよろしくお願いします(*´∀`*)ノ
 にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へにほんブログ村     ポルトガル(海外生活・情報) ブログランキングへ