2017/03/19

ポルトガル ロカ岬【最西端で大航海時代に夢を描いた海を眺める】

2016/04/27(水)ポルトガル旅行9日目。
シントラから約40分ほどバスに揺られてやってきました、ロカ岬!
なんだか高原のような雰囲気なんだけど、曇ってきている上に海の傍で風が強くて寒い!


ユーラシア大陸最西端にはポルトガル最大の詩人ルイス・デ・カインモスの詩
Aqui.... Onde a terra acaba e o mar começa
ここで.... 大地は尽き、海始まる
と刻まれたモニュメントが建っています。

ちなみにこのポルトガル最大の詩人ルイス・デ・カインモスの石棺がリスボンのジェロニモス修道院に収められています。
モニュメントと同じ竪琴(かな?)が彫られた石棺がそうなんです。

追記:ロカ岬は古代ギリシャやローマ時代にサン・ヴィエンテ岬を含んだサグレス岬一帯が「聖なる岬」と呼ばれてたんだって。
まさしく世界の果て、だったんだって。


お土産屋さんには最西端証明書が売られていています(*'ω'*)
並んでるサンプル品の写真は撮ってはいけません!
今回購入した時に「写真いい?」と聞いて撮らせていただきました。
日本のバスツアーの方とこの後一緒になったんだけど、買わずに写真だけの人がいて怒られてました…


ホテルに帰ってから撮った、証明書です!
上の2種類の柄からどちらかを選んで買うんですが、申込書みたいな紙がおいてあってチェックするだけなので英語もポルトガル語も話せなくても大丈夫!


その場でカリグラフィーで名前を記入してくれます(*'ω'*)
ライターのおいてあるとこが名前なのでちょっと隠してますです(;´・ω・)

書いてくれる時に
「日本から来たんだ!日本のどこ?」
「横浜からだよ。(にゃんもは横浜在住)」
「横浜!横浜レーシングじゃないか!知ってる!?横浜レーシング!」
「知ってるよ!」
なんて会話をしてましたw

※ポルトガルはポルトガルGPなんかも開催されていて(車のレース)日本の車関係も有名なんです。YOKOHAMARacingといえば、ADVAN!(ADVANは横浜タイヤのブランドなのです。)


お土産屋さん1件くらいしかなくて、本当に海を眺めるだけ!な感じのところ。
このあとどんどん曇ってきて、雨も降ってきてバス停でぶるぶる震えてしまいましたw
(なんとこの時外の気温15度!)
他の待っていた人たちと駅に行くバス(路線番号403)が来たときは「イエェェェェェェェイ!」とハグしちゃうほど喜んでしまいました(*'ω'*)ノ

本当は夕方まで待って、夕焼けの写真が撮りたかったのだけど残念。
また次回なのです!


ロカ岬のバス停(Cabo da Roca)からカスカイシュ(Cascais)駅へ!
ここから日本のJR的な電車に乗ってカイシュ・ド・ソドレ(Cais do Sodré)駅に向かいます。
時間のある人は、シントラ1日、ロカ岬1日にした方がバタバタしないでいいかもしれないです(;´・ω・)
あと夏のシーズンに行かれる方はぜひ!朝日か夕日をロカ岬で迎えて迎えてみてください!
感動すること間違いなし!かな?


カスカイシュからカイシュ・ド・ソドレに向かう電車の中から1枚。
お腹も空いてきてるので、カイシュ・ド・ソドレ駅についたらごはんです!


ランキング参加中!応援の一押しよろしくお願いします(*´∀`*)ノ
 にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へにほんブログ村     ポルトガル(海外生活・情報) ブログランキングへ