2016/10/14

ポルトガル トマール【セテ・モンテス国立森林公園からキリスト修道院までを歩いてから、ランチタイム】

2016/04/25(月)ポルトガル旅行7日目。
セテ・モンテス国立森林公園(Mata Nacional dos Sete Montes)内!
すごく綺麗に整備され、生垣?、もすばらしいです!
犬の散歩や季節を楽しむ散歩の人、ランニングの人とかが園内にはいていろんな人とすれ違います。
園内にはいくつかのゾーンに分かれていて、中には美しい噴水や、休憩所もあるんだって!
まわってみたいけど、さすがに時間がかかりそう…(´・ω・`)


でも、セテ・モンテス国立森林公園(Mata Nacional dos Sete Montes)内は歩きたい!
というわけで、前回紹介した園内MAPを見ると、園内からキリスト修道院に行けそう!
迷子にならないように園内MAPの写真を撮り、上の綺麗な生垣から外れた、キリスト修道院へ向かってる道を歩きます。
さっそく上り道だ~(;´Д`)
真っ青な空の下、トマールの赤い屋根が並ぶ町並みが。
空の色とか、静かさとか、ほかの都市とはまったく違うんだけど、目に映るもの全て魅力的に見えるそんな不思議な町。


上の写真の反対側、もうちょっと登ったとこだけど。
キリスト修道院の周りの城壁が、木々の隙間から見えます。
小高い山になっている場所なので、城壁がすごく高く見える!
この森のような小道を城壁沿いにいけば、キリスト修道院にたどりつける!!
ちょっと進んだ城壁からは人影がチラホラ…
テンション高めに登っていったのですが、小道はどんどん狭くなって人が通った跡があるような獣道になって…(;´Д`)


引き返して城壁沿いの道を、セテ・モンテス国立森林公園(Mata Nacional dos Sete Montes)のMAPと見比べながら歩くと、なんと、水道橋があるではないですか!
トマールのキリスト教修道院から2Kmほど離れたとこにあるPegoes Aqueductという水道橋とは別のもの。
ですが、Pegoes Aqueductからひかれた水がここを通ってキリスト修道院へと運ばれていたのかもしれないなぁ、なんて想像してみます(*´ω`*)
ここの写真を撮ってる時に、めっちゃかっこいいメンズに(ジョギング中だったみたい)「ボン ディーア!(こんにちは!)」と声をかけられ、突然のことに照れてしまう私ww


どうも、セテ・モンテス国立森林公園(Mata Nacional dos Sete Montes)からはキリスト修道院にいけない模様(´・ω・`)
仕方ないので1時間以上かかって正門から車道を歩いて向かいました。。
これからキリスト修道院に行く方は、車道を行くのがお勧め。
ですが、この車道も結構な坂道なのでタクシーを拾っていったほうがいいと思う。

予定よりかなり時間がかかってしまって、お昼時にトマールのキリスト修道院に。
すんごい日差しが強くなってきていて、日陰じゃないと本当に暑い感じι(´Д`υ)
途中に自動販売機もないし、お昼時だしで、キリスト修道院の門の傍にある併設のカフェ(キリスト修道院の駐車場にあるいまどきな建物が併設のカフェ)で、まずは冷たい飲み物を!
リプトンのマンゴーアイスティーとお水!

ポルトガルで冷たい紅茶というとリプトンのレモンティーかこのマンゴーアイスティーの2種類が多いです。どこも氷なし。そしてどちらも甘いw


お昼ごはんにはミニピザをいただきました(*´∀`*)!
フワフワの薄いパンのようなピザ生地がおいし~!
サラダにはたっぷりお酢の入ったビネガー&オリーブオイルのドレッシング!!
疲れた体に最高でした(*´ω`*)
元気をここで取り戻して、次回は世界遺産のトマールのキリスト修道院にいきましょう!


喫煙する方に余談。
カフェやレストランのテラス席では喫煙可が多いポルトガルですが、オーダーしてメインをフィニッシュするまで喫煙すると(たとえば、上の写真でピザがくるまでの時間とか)、「食事の時のタバコは駄目でしょ!」と言われます。
とにかく食事中じゃなくても、食事が終わるまではノースモーキング!です。
この傾向は都市部から離れると結構強くて、軽食じゃん?と思うようなお店でも言われることが。
言われなくても嫌な顔はされるので(サービスに差が出る可能性も)、楽しく過ごしたい方はお気をつけくださいませ。

タバコが吸いたい方は、食事の後にコーヒーでも頼んで一服!なのです。


ランキング参加中!応援の一押しよろしくお願いします(*´∀`*)ノ
 にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へにほんブログ村     ポルトガル(海外生活・情報) ブログランキングへ