2016/10/04

ポルトガル リスボン【路面電車とサン・ロケ教会、ロシオ広場周辺を探索】

2016/04/24(日)ポルトガル旅行6日目。
フラフラと歩いていたら路面電車が!
コインブラ、ポルトの路面電車よりリスボンの路面電車が有名だよね!
けっこう急な坂道が多いから路面電車は生活の大事な交通手段なんです。
ちなみに乗車賃は1回3.5ユーロくらい。リスボアカードだと乗り放題なんだけど、ちょっと乗るにはほんの少しお高め。


今回は路面電車の道を歩いてみました。
こんな急な坂なんですよぉ!
半分も登らないうちに、路面電車に乗っていけば良かった…(´・ω・`)と後悔…
上のほうの部屋の窓からはビールを片手に「がんばれよぉ~!」とおじさんたちが手を振ってくれていました。


坂を登りきった~~~~!
坂の上には路面電車の車掌さんの像が建っていました!
と思ってたんだけど、これこのバルト・アルト地区の名物でもある宝くじ売りの像なんだって。
今もいるのかな?
みたことないんだけど。
ちなみにここは天正遣欧少年使節が1ヶ月ほど滞在したサン・ロケ教会(Igreja de São Roque)前の広場。
坂道を登りきったーーー!ってテンションで教会の写真を撮り忘れ(´・ω・`)


サン・ロケ教会(Igreja de São Roque)前の広場(ゴエリーリョ広場)からロシオ駅( Estação Ferroviária do Rossio)に向かって下りの階段が続く道、Calcado do Duque。
飲食店が並び、ご飯を食べながらサン・ジョルジェ城が見れるというステキなポイント!
17時で観光客の早いお夕飯が始まっていました。



ロシオ広場まで出てきました~(*´∀`*)!
以前リスボン大地震のことを書いたんだけど、その地震の後の復興の際にボンバル公爵が建物に工夫をしました。
それがこの屋根に均等に出てる白い出っ張り。
これ、防火壁なんです。万が一火事が起きても周囲に広がらないように新しい建物に工夫をしたんです。


ロシオ広場に建つ、初代ブラジル国王の像。
うーん、お腹がすかないぞ~(笑)


本当に人が多くてびっくり!
「マリファナはどお?」「シシはどお?」
と声をかけられますが、「いらない!」と返しつつ荷物を抱えて歩きます。
一人旅で人が多いとこはちょっと疲れちゃうね(;´Д`)





ランキング参加中!応援の一押しよろしくお願いします(*´∀`*)ノ
 にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へにほんブログ村     ポルトガル(海外生活・情報) ブログランキングへ