2016/10/05

ポルトガル リスボン【サンタ・ジュスタのエレベーターとパエリアに興味津々!】

2016/04/24(日)ポルトガル旅行6日目。
コインブラの時にブログで書いたんだけど、このタイルのお話。
地味だなぁ、とちょっと思ってしまうんだけどポルトガルの地面のタイルは白と黒で模様を描いてるんです。
これは、リスボンの守護聖人サン・ヴィセンテが1173年に2羽のカラスに守られてリスボンに辿り着いた話を元に、死を表すカラスの黒と守護聖人サン・ヴィセンテの純粋さの白を表しているんだって。


レストランメニューを見ながら、お夕飯を考え中…
いわしの塩焼き、サーモンの塩焼きと名物が上のほうに載ってるけど、真ん中のパエリアと下のサングリアも隠れた名物なんですよ(*´∀`*)!
パエリアだーーーーーい好き!なんだけど、さすがに一人じゃ厳しい量だよなぁ…


お夕飯で悩みつつ歩いていると、目の前にはサンタ・ジュスタのエレベーターが!
20世紀初頭にエッフェルの弟子によって建設された高さ45mの鉄塔のエレベーター。
クラシックなエレベーターが中では現役で動いていて(イスが付いてるタイプ!)、上の展望室からはめっちゃきれいな景色を眺められるんですよぉ!
カルモ教会裏手辺りに出れるので、シアード地区、サン・ロケ教会のほうに行きたい人は乗ると便利かも!?


車も通る、色々なお店の立ち並ぶ道。
服、靴、リネンなどのお店が多く、そして今日は日曜日!ということもあってほとんどのお店が閉まっています。
ポルトガルは、お店の定休日が日曜日になってるお店が多いんです。
個人旅行で予定を組む際は、日曜日をドコに入れるのか考えないと「コレに載ってるお土産屋さんが閉まってるー!」「食べるとこがないー!」とかってことに…



地元のレストランも日曜日なので閉まっている感じ。
観光客メインのお店とかチェーン店(マック、スタバ、無印良品、GAPとか)、大型モールくらいしか開いてません。
なんだか明るくて人もいて賑やかなのにお店が開いてない雰囲気を歩いていたら、すごく小さいころのお正月を思い出しました(笑)


大きな通りからちょっと裏手の道に、クラシカルな車を発見!
かっこいいよー!
通り過ぎる時にチラッと中をのぞいたら(すみません。)、今時なチャイルドシートが設置されていましたΣ(´∀`;)
昔の車ってちょっと小さく見えるけど規格合うんだ~!と、変なとこで関心してしまったw


クラシックな車の傍に日本語で書かれたメニューを発見!
ここは親日家のおじさんのポルトガル料理のレストラン。
このお店も日曜日なのでお休みでした(;´Д`)
ちなみに後日、このレストランで食事をするのでどんな味の料理かはお楽しみに!




ランキング参加中!応援の一押しよろしくお願いします(*´∀`*)ノ
 にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へにほんブログ村     ポルトガル(海外生活・情報) ブログランキングへ