2018/02/28

ポルトガル リスボン【ポルトガルワインとリスボンのお寿司とは!?】

やってきました~~~(*'ω'*)
本日は前からちょっと興味があった、「ポルトガルの美味しいお魚でお寿司を食べてみたい!」にチャレンジです。

「ボンサイ」という、日本人の方がやられてるお店に行ってきました!
まずは握りにも合う、ポルトガルの白ワインから。


こちらはお漬物。
写真の右下のピンク色のものが、なんだか酸っぱくってケッパーみたいな味が。
なんとこれ、ポルトガルのお野菜(ヨーロッパでは食べられてるそうです)で日本では見かけないお野菜だそうです。
(ハスとかなんとかの実だそうです)


幸せ~( *´艸`)
とまったりしてると本日のメイン、お寿司です!
私は青魚がダメなので、抜いたおまかせの握りをお願いしました。
板さんはもう親方に任せられてるポルトガルの男性さんでした。
手元だけ見てると、日本と全然変わらない!ってくらい慣れた手つき!(当たりまえかw)


お味は…というと、激うま!です(*'ω'*)
やっぱり、少しだけ味が甘いというか…なんか違う感じがするんだけど、本当においしい!
ちなみにお米はイタリアのお米を使っているそうです。



あまりのおいしさと誘惑に勝てず、ここで日本酒「松竹梅」を頼んでしまいました!!
さすがに日本からの物はちょっとお高めだ~(;'∀')


こちらは日本酒のあてにあん肝です♪
これ、本当においしかった!このあん肝のためにまた行きたいかも!ってくらい食べやすくて、美味しかった~!

余談ですが、意外に?ポルトガル人の地元のお客さんが多かったです。ポルトガルではお寿司ブームというか、日本人と同じ魚文化ってのもあってお寿司が大人気なんです。
ちょっと田舎にいっても 


お店で楽しい時間を過ごして幸せな気分でホテルに戻ります(*‘∀‘)
前回、展望台の上の写真、男性がギターを弾いていた場所付近からの夜の写真です。
サン・ジョルジェ城がライトアップされて、幻想的な感じ!
昼間と夜と本当に雰囲気が変わるので、サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台からの眺めはどちらの時間も本当におすすめ!


昼間通った道が幻想的…ではないけど、ずいぶん雰囲気が変わってみえます。
石畳に、ぼわっとした灯り… 産業革命以降、19世紀はこんな感じだったのかなぁ?と思うほど不思議な気持ちになる道も。
まだまだ探索したいけど、明日に備えてここはグッとがまんです。




ランキング参加中!応援の一押しよろしくお願いします(*´∀`*)ノ
 にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へにほんブログ村     ポルトガル(海外生活・情報) ブログランキングへ