2017/02/02

ポルトガル シントラ【ペーナ宮殿(Palácio Nacional da Pena)で大航海時代の名残とポルトガル国王の生活】

2016/04/27(水)ポルトガル旅行9日目。
中庭から部屋に入ると窓のそばに天体望遠鏡がありました。
ポルトガル国王は天体が好きだったのかな??
この部屋から星を眺めて色々おもっていたのかもしれない、ね。


ペーナ宮殿の上の部屋からのぞくとこんな感じ!
本当に大人向け?のおもちゃのお城に遊びに来た見たいだよー(*'ω'*)ノ
お城なんだけどお城じゃないみたいで、子供にかえった感じです♪
本当に世界中を探しても、こんな感じのお城って本当に珍しいと思う。


こちらの部屋の中は外装といっしょでポップな感じ!
スペインとかそっちの影響のなのかなぁ??
部屋の中においてあるキャビネット?の上には、なんとカバの置物が!!
真っ白な焼き物は中国とかのなのかな?
中国な感じとスペインの感じと…って部屋の中も色々混ざってるので、見て回りながら「あ、あれ!」って見つけながら歩くのも面白いよね!

お次の部屋は全く雰囲気が変わって、フランスっぽい?感じの装飾の部屋。
前回紹介したごはん食べる部屋とかとは違って天井は高くて、広さを感じます('ω')
真っ白ですごいきれい!

前を観光客が歩いてるんですが、見て歩けるスペースはこんなに狭いのです!
建物の中の部屋の1つ1つがそんなに広くないのもあるんだけど、本当にほかを見てから回ると狭い~って感じます。
日本じゃあたり前な広さなんだけどね。


さて、上の部屋の隅っこにランプを持つターバンを持つおじさんが!
アラブなキャラバン隊!って感じ??
これも大航海時代の名残なのかなぁ??

本当にいろんな国を感じられるものが多くて1つ1つをじっくり見ちゃいます!


壁の方に鏡のついたキャビネットと応接セットのようなものが。
キャビネットの上にはアジアとアラブとイベリアな感じの焼き物が。

この応接セットでは何をするためのスペースだったのかなぁ?
ちょっとチェスとかするためのすぺーすだったのかな?


さて、ペーナ宮殿も最後の部屋!
大きな大きなキッチンがー!
ものすごい数のお鍋やなんやらが!!!
どれくらいの人の数のごはんを作ってたんだろうね。
そして何人ぐらいの人がこの台所で働いていたんだろう?
やっぱり、ポルトガル名物タラ料理を作ってたのかなぁ??

なんて、ポルトガル国王と王妃がどんな生活を送ったのかなぁ?なんて想像しまくってしまいましたw


さて、お昼時になってきたので今日はシントラでお昼御飯です!
シントラ名物の「アレ」をいただきに、ポルトガルで一番有名なお店にいってみましょー!


ランキング参加中!応援の一押しよろしくお願いします(*´∀`*)ノ
 にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へにほんブログ村     ポルトガル(海外生活・情報) ブログランキングへ