2016/06/23

ポルトガル4日目 ポルト【ボルサ宮-Palacio da Bolsa:アラブの間】

2016/04/21(木)ポルトガル旅行4日目。
見学ツアーの最後はめっちゃくちゃ豪華な、このボルサ宮の”1番”の見所でもあるアラブの間ですっ!
スペインのアンダルシア州グラナダ県グラナダ市南東の丘の上に建つ、アルハンブラ宮殿を模して造られたといわれている、アラブの間。
今までの部屋とは、まったく雰囲気が異なります。



スペインに建ってる宮殿、アルハンブラ宮殿なんだけど、イスラム王朝800年の歴史!って建物なので、スペインな感じの宮殿ではありません。
興味のある方は、「ウィキペディア:アルハンブラ宮殿」を読んでみてね(*´∀`*)!

ポルトガルにいるのに、ポルトガルでもスペインでもない、「イスラム!」



イスラム語はまったくわからないので、なんて書いてあるのか想像もつかないんだけど…
柱や壁、ところどころにイスラム語が彫ってありました。

ポルトの経済力を見せ付けるために18年もの歳月と膨大なお金をつぎ込んで作られた部屋なんだって。



ボルサ宮の総額、今のお金に換算するといくらくらいかかってるんだろう…
なんて、夢のないことをちょっと考えてしまいます(;^ω^)

法廷の間、会議室、黄金の間って見てきて、今まではなんとなく「こんな感じで使ってたのかな?」なんて想像できたんだけど、このアラブの間は一体どんなときに使ったんだろう??
アラブ式パーティーとかやってたのかな?



トータル40分くらいかな?
これでツアー終了です。
ガイドさんに続いて1階に降りて、お土産屋とかお手洗いのあるとこで解散。

ボルサ宮の外観からは想像もできないきらびやかさと豪華さがあって、大満足でした(*´∀`*)
1つだけわがままをいえるなら、もーーーーちょっとだけゆっくりと各部屋を見たかったなぁ…

さて、こっからボルサ宮の裏手にあるサン・フランシスコ教会にむかいます!

('A`)<現在も公的機関として使われてるボルサ宮なんだけど、なにやってる場所なんだろう?


余談

このブログを書くのにあたって、建物の歴史とか調べて書き込んでいるのだけど。
様々な口コミサイトでボルサ宮はツアー開始とともに写真撮影禁止って書かれているんですよ。
私が行ったときのツアーは撮影禁止のアナウンスもなくて、ツアー客全員撮影していてガイドさんから注意もなかったんだよね…

次に進む部屋も、見てきた部屋も開けっ放しで他の言語でガイドしてるときなんかみんな他の部屋覗き込んだり(見えなくなる位置には行ってない)していたんだよね。
口コミサイトだと見た部屋には鍵をかけて…って書いてあったんだよね。

ツアー時間の関係なのか、ガイドさんの性格?なのか。
よくわかんないんだけど、ラッキーだった…のかなぁ???