2016/07/05

ポルトガル4日目 ポルト【ポートワインを楽しむ!cockburn's(クックバーンズ)編】

2016/04/21(木)ポルトガル旅行4日目。
CROFT(クロフト)の前の歩道?から見えるSANDEMAN(サンデマン)の看板。
向こうの倉庫はSANDEMAN(サンデマン)の倉庫なのかな??

この道をまた登って倉庫街を歩きます。



先に進むほどに横の塀が身長よりも高くなってゆきます!
回りもみえず、こうやって囲まれると中世に迷い込んだ感じ!!

かなり暑いので塀の陰の下をあるいてゆきますι(´Д`υ)アツィー



バスの通るきれいめな道に出たところで、次のワイナリーです!

右に黒い鶏の描かれた小さな看板が見えるかな?
日本ではまずお目にかかれないポートワインのワイナリー、cockburn's(クックバーンズ)にいきます(*´∀`*)!



鶏のイラストがかわいいcockburn's(クックバーンズ)は、比較的新しいめのワイナリー。
詳細は公式HPで見てくださいね!



スタッフも若い子が多くて、ワイナリーの中もほかとは違って明るくて、開放的で、北欧風?
スコットランド人のcockburn兄弟が創業したっていうことと関係があったりするんでしょうか?

あと、スタッフのお兄さんが「まいどおおきに!」と言ってくれますw
以前きた日本人に教えてもらったらしいのだけど、なぜ大阪弁なのだw



写真の机と椅子のとこでテイスティングができます!
何種類かのテイスティングセットの中から、ツアーなしテイスティングのみを選びます。

ツアーまわってもいいんだけど、結構時間かかるのよね…(´・ω・`)
私はその分の時間でほかのワイナリーのでテイスティングしたい派なのです。
ワイナリーを1つしか(お酒が弱いとか)いかない予定なら、ツアー参加しておいたほうがいいと思う。



さーて、いよいよ日本ではまず飲むことのできないcockburn's(クックバーンズ)のポートワインのテイスティングでございます(*´∀`*)!!



余談
ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア(Vila Nova de Gaia)地区のワイナリーを回るのに便利な循環バスが走っています。
かなり坂がきついし、めんどくさいし、道は入り組んでいて迷子になるし、歩くのはあまりお勧めしませんw
インフォメーション、もしくはホテルでもらえる観光マップにバスルートが書いてあるので、バスの活用おすすめです!
(観光客が多いので乗り降りは意外と大丈夫wみんな同じようなとこで降りるからw)